身体が突っ込みやすい選手にオススメ 歩きながら素振り

軸足にしっかりと体重が乗ったタメができず、体重が早い段階で前に乗ってしまい、身体全体が突っ込んでしまう選手にオススメの練習です。

右打者の場合、構え→右足→左足→スイング、という順番で行うのですが、この練習で重要なポイントは、

 

・早く動き過ぎず一歩一歩丁寧に歩行すること

・しっかり構える

・右足を踏み出したときは、まだ右側に体重が残っていることを意識すること

・左足を踏み出したときは、左足の膝やつま先が外に開かないことを意識すること

・左足を踏み出したときに左側に体重が乗らないようにすること

・フルスイングせずに、意識は体重が今どのに残っているのか、の方が大事

 

になります。

この練習では、スイングスピードを速くする、とかではなく、「体重が今どこに乗っているのか」を徹底的に意識して行うと効果的です。身体は前に進んでいるけど、体重は前に行かない、を意識して。では動画をご覧ください。