筒香嘉智 正面からのティーバッティングで開きを防ぐ

侍ジャパンの不動の4番と言えば筒香選手。
昨シーズンから逆方向へのホームランが増え、広角に打てるようになり、弱点が本当に少ない選手です。

筒香選手の良さは、バッティングフォームがシンプルでどんなボールでも対応でき、かつパワーもあるので、シンプルだけど長打力もあるところなどなど、長所を上げたらキリが無いですが、今回取り上げたいのは「身体の開き」についてです。

 

 

筒香選手のバッティングフォームをスローで見れますが、前足(右足)の膝に注目いただきたいですが、膝が全く外に開くことが無いです。全体的にパワーを内側に内側に溜めて、インパクトの瞬間に一気に解放する、というイメージがあります。

 

 

こちらが筒香選手のティーバッティングの練習風景ですが、投げ手が筒香選手の正面にいます。正面から投げてもらって、センターよりも少し逆方向へ、スイングを確かめながら打ってます。

このティーバッティングを見ても分かる通り、右足が内側に入りながら打っており、ティーバッティングの時点で身体が開かないように開かないように売っている感じがします。

身体の開きが気になる選手は、この筒香選手のバッティングをよく見て、

 

肩、腰、膝の開きを防ぐツイストティーバッティング

 

正面からティーバッティング フォームを固めるための練習

 

ネットを使って身体の開きを抑えるティーバッティング

 

以上の練習も合わせて実施すると良いと思います。