守備練習 トランポリンを使ってボールに力を与えるステップ練習

送球の練習をする際、どうしても重視してしまうのが腕をメインとした上半身になってしまいがちですが、それはそれで間違いではないですが、下半身もとても重要になります。特に送球する前のステップはとても大切です。

 

この動画ではトランポリンを使ったオリジナティあふれる練習を紹介しており、ステップから送球するまでの練習を行ってます。練習内容は、トランポリンから2、3歩離れた場所からスタートし、右投げの場合は左足でトランポリンに乗り、トランポリンの上で捕球したと想定し、右足着地でステップをします。着地の時に大きくステップを踏むイメージで行い、ステップの反動を活かして前に力を使い、勢いのある送球を目指します。

この練習のポイントとしては、着地の時点で大きくステップすることを心がけて行うことです。実際の送球において、リズムが悪く、ステップが小さく、どこかドタバタ感のある選手には効果的な練習の一つと言えます。

 

守備が上手い選手を見ていると、捕球から送球までリズム感が良く、スムーズにステップしてます。そしてそのステップは大きくて素早いです。投手が投球する際、大きく足を踏み出して投げると思いますが、この投球動作と同じように、勢いのあるボールを送球するためには大きくステップする必要があります。

このトランポリンを使ったステップ練習は、大きくステップすることを補助し、何度も繰り返すことで身体に大きいステップを覚えさせることが目的となります。

ぜひ動画を参考に実践してみると良いと思います。

 

 

 

動画引用元:驚愕!トランポリンを使った驚きの練習法!