トレーニングチューブを使って脇や肘が上がってしまう癖を防止

右打者の場合では左脇や左肘になりますが、どうしても脇や肘が上がってしまう選手はいないでしょうか。プロでも上がってしまう選手がいるので、この課題を抱えている選手は多いと思います。

今回紹介する動画は、一時期、楽天のオコエ選手もやっていましたが、ゴム製のチューブで身体と左腕を固定してスイングする練習です。

できる限り、ロープなどの固く伸縮性の無いものではなく、

↑このようなゴム製のトレーニングチューブを使うと良いでしょう。
伸縮性の無いもので固定されてスイングすると、無理な体勢のまま身体に負荷を与えてしまうのでケガにつながる可能性があります。
なので、伸縮性のあるものをオススメします。

基本はチューブを巻いて素振りすることですが、ティーバッティングだとより効果的ですし、更に良いと個人的に思うのがロングティーです。

脇や肘が上がる選手の多くは「遠くに飛ばしたい」「強い打球を打ちたい」気持ちが強く、力みや開きから発生しているものと考えます。なので、ロングティーで遠くに飛ばす練習の方が、脇が上がる可能性が高いので、効果的と言えます。

では、動画をご覧ください。