守備練習 タッチアップでアウトにする練習

先日、筆者がやっている草野球の試合で2回タッチアップが成功し勝利しました。タッチアップで点を取るのは「最低限の仕事」とよくバッターは言われがちですが、バッター的には「外野フライを確実に打つ」という難しいことをやっておりかなりの賞賛に値する技術と言えます。なので筆者は「最低限の仕事」という言葉でバッターを賞賛するのではなく、ヒットと同じぐらいに「ナイスバッティング!」とハイタッチして迎えます。逆にタッチアップでアウトに出来た場合は、外野手はヒーローです。外野手にとって捕殺は見せどころですし、1点を与えなかった守備は最高の仕事をやってのけたことになります。

そんな最高の仕事をやってのけるためには、タッチアップの練習は欠かせず、そして外野手だけではなく、内野手との連携も必要となります。

 

タッチアップの守備においてのポイントは、
・外野手はフライに対して後ろから入り助走しながら捕球する
・内野手は捕球する外野手と最終的に受ける捕手と一直線上に中継として入る
・外野手はワンバンでも良いので低く速い球を内野手に返球する
・内野手は半身になりながら返球を捕球し、捕球後は素早くホームへ送球
・捕手はコリジョンルールを頭に入れながらタッチを行う
ことがポイントとなります。

以上はポイントというよりは、外野と内野の中継プレーにおいての基本となることを記載してますが、この基本が非常に難しいです。特に外野手の「後ろから入る」と内野手の「一直線に中継に入る」は非常に難しいと思います。

 

外野手の後ろから入るのは、弾道が低いとやりやすいのですが、弾道が高い場合だと難しくなる傾向にあります。練習方法としては、キャッチボールの遠投の時に、常に後ろからキャッチするイメージで行うと、後ろから入る感覚が養われます。また、遠投だと弾道は低いので、近い距離で真上に投げてもらい、その球を後ろから入りキャッチする練習も効果的です。

内野手の一直線に入るためには、出来ない選手を見ていると外野手を追いかける縦の動きを優先的にやっている選手が多いように思えます。外野手の肩にもよりますが一直線に中継に入るためには、まずは横の動き優先で大まかに「この場所が直線だ」と決め、そのあとで前後の縦の動きで外野手との距離を計ると良いと思います。

外野手の後ろから入る技術も、内野手の一直線上に中継に入る技術も、どちらも感覚を養うことが重要になりますので、繰り返しイメージをしながら練習することが重要です。

動画はタッチアップでアウトにした動画です。外野手はしっかりと後ろから入り素晴らしい返球をしてます。ぜひ参考にしてください。

 


動画引用元:タッチアップ アウト(9-3-2の連携)