打撃&守備練習 トスバッティングを応用して効率的な練習

神奈川県大和市を拠点に活動する社会人硬式野球クラブチーム「横浜BBCスカイホークス」さんより動画を寄贈いただきました。

トスバッティングという練習は、どうしてもバッティングする前のならし練習になりがちですが、ミートポンントを確かめたり、送球する側も守備練習になったりと、打撃練習にも守備練習にもなるとても効率的な練習の一つです。打撃も守備も基本となる練習ですので、ならしではなく、しっかりと意識して練習に取り組んで頂きたいです。

また、スカイホークスさんから頂いたポイントとして「トスバッティングはリズム良く行うこと」とのことです。送球側は相手の打ちやすいボールを一定のリズムで送球してあげ、打つ側はワンバウンドで送球側にリズムを崩さないようにしっかりと返すバッティングをすることが重要です。

今回の動画での練習内容は3つです。

 

強めのワンバウンドで返す

打撃側になりますが、単純にバットに当てて送球側に返すのではなく、強めにバットを振りつつも、正確にワンバウンドで送球側に返す練習です。強めにバットを当てるスイングをすると、打つポイントがズレがちですし、送球側に真っ直ぐ返すのも難しくなりますが、その中でもワンバウンドで返すことが出来る状態を作ることが大事です。

 

ショートバウンドを狙う

次は送球側になりますが、わざとショートバウンドで捕球する練習になります。ショートバウンドで捕球することで、足の運び方が上手くなりますし、ハンドリングの練習にもなります。トスバッティングで守備練習をする良い例です。

 

ミートポンントでバットを止める

最後は打撃側になりますが、ミートポンントでバットを止めて打つことで、ミートポイントを確かめながら行う練習です。ボールをしっかりと見て、ボールとバットの芯が当たっているか確かめながら行うことが重要です。

 

ただのトスバッティングではなく、上手く応用して、より効率的なトス練習を行うと良いと思います。では動画をご覧ください。

 


 

 

動画寄贈者:横浜BBCスカイホークス