桐蔭学園がやっているバッティングピッチャーが座って投げるバッティング練習

この練習は、基本はバッティング練習ではありものの、ピッチャーはスローイングの練習にもなる、効率的で面白い練習と思います。

椅子に座って上半身のスローイング練習


こちらの投稿で紹介させていただいた、椅子に座って投げる練習ですが、下半身が使えない状態のため、肩や肘、さらにはボールの握りや指先の感覚など、上半身を正しく使わないと、綺麗な縦回転のボールを投げることができないのですが、これをバッティング練習で取り入れているのが、神奈川県の強豪「桐蔭学園」です。

ピッチャーはボールの回転を気にしながら、しっかりとストライクゾーンに投げる練習をしつつ、バッターは、基本的に緩いボールになりますので、力むことなく、緩いボールをセンター返しする練習をすると良いでしょう。

ボールが緩いからといって、ガンガン引っ張ってしまっては、力みからくる身体の開きが出てしまうので、緩いボールだからこそ、逆方向、センター返しを意識して、身体が開かないように打つことが重要です。

ぜひ、効率的な練習をお考えの方は、動画をご覧ください。