打撃練習 身体の開きを抑えるために軸足をキャッチャー方向へ向ける

今回紹介する動画は、元横浜高校の選手が教えるホームランを打つためのコツを解説している動画です。筆者的に目からウロコな情報がたくさんありましたので、是非参考にしてくれればと思います。

 

まず最初に教えてくれたのは、構えの時に軸足のつま先をキャッチャー方向へ少し向ける、という構え方です。このような構えにしている理由は、身体が開くことが癖なので、身体が開かず、かつ腰を入れてスイングしたいために、軸足のつま先をキャッチャー方向へ向けているようです。

実際にやってみると分かりますが、ほんの少しだけキャッチャー側につま先を向けるだけでも、身体が開きにくくなり、ピッチャー側の腰の方が外側に逃げずに内側へ入る感覚があります。筆者の場合、軸足をグルっと回したいタイプなので、どちらかというと逆の考えで、つま先は内側に向けてハの字で構えまずが、確かに動画の教えの通りにやると身体の開きが抑えられる感覚はかなりありました。このテクニックは使えると思います。

次に教えてくれるのが、構えの時のバットの位置。構えの時点で力が入らずリラックスできる構えを試行錯誤した結果、バットを寝かせる方法になったのでしょう。イチロー選手もバットが立っていた時期もあれば、寝かせていた時期もあります。自分の身体で確かめながら、自分が一番リラックスできるバットの位置を探すと良いでしょう。構えの時点で力が入っていると、スイングの動き出しが出難くなり、スムーズなスイングにつながらないです。構えはとにかくリラックスが重要です。

 

リラックスした状態で構え、軸がぶれないようにテイクバックしてトップを作り、来た球に対して、その場で回転して最短距離でバットを運び、インパクトの瞬間に押し手(右打者の場合は右手)で押し込む、というのが、ホームランを打つコツの一連の流れです。

とてもシンプルで分かりやすい解説だと思います。

・身体が開かないように軸足のつま先はキャッチャー側へ
・構えの時はバットを寝かせてリラックス
・軸がぶれないようにテイクバック
・最短距離でバットを出す
・インパクトで押し込む

という5つがポイントになりますので、このポイントを意識して練習してみてください。では、詳しい解説は動画をご覧ください。

 

 

 

 

動画引用元:硬式→軟式でホームラン量産!元横浜高の選手がホームランを打つため変えたこと