投球練習 球速アップ 足を真上に上げるのではなく両足を内側へ押し上げる

今回紹介する動画は、球速アップのコツとして、どのような投球フォームをすれば良いのか解説している動画です。2画面で比較して、分かりやすく説明しており、かつ基本に忠実なところが勉強になります。

特に学びとして得たところは「足の上げ方」。投手の皆さんは足の上げ方について、どんな風に考えているでしょうか。足の上げ方一つで、体重を乗せる方向、パワーを押し出す方向が大きく変わることを、ここでは教えてくれます。

 

一般的に、足をどう上げるのか、となると「高く上げる」「自分が適切だと思う位置まで上げる」など、色々あると思いますが、足を普通に上げると、力の向きが上になります。しかしながらボールは真上には投げません。ホーム側に力の向きが向いていないと、力を最大限に発揮できなくなります。

そこでオススメする足を上げる動作ですが、上げる方の足(右投手の場合、左足)を真上に上げるのではなく、軸足側に押しながら上げる感覚。そして、軸足は逆に上げる方の足側に体重を入れる感覚で、足を上げると、力の向きが上ではなく、ホーム側に力が向く感覚があります。

筆者のイメージになりますが、意識やイメージではホーム側に力が向いている感覚でありながらも、実際は軸足の方が体重が乗っている感覚があると、次の動作の時に体重が乗りやすいと感じました。足が上がっている時は7:3ぐらいで、軸足の方へ体重が乗っている感覚でしょうか。両足を内側に押し上げつつ、意識はホーム側へ、体重は軸足へ、という感覚が、筆者が実際にやってみた感想です。これは筆者独自の感想なので、感覚的なものは個人差があります。自分に適した感覚を見つけることがまずは重要になります。

ここで習うべきことは「足はただ単純に真上に上げない」ということです。ホームへ投げるので、ホームへ力を向かせるイメージで、足を上げる動作を試行錯誤することが大事です。

この足を上げる動作を覚える時、もしくはフォームを固める場合は、シャドウピッチングがオススメの練習方法です。以前当サイトでも「投手練習 正しいシャドーピッチングを学ぼう」で紹介してますので、こちらもぜひご覧ください。

では、詳細は動画をご覧ください。

 


 

 

 

動画引用元:【ピッチング】球速を上げるコツとその練習方法。