打撃練習 タイミングがズレても身体を残し打つ練習

動画で紹介しているのは、タイミングがズレやすい変化球を打つためのティーバッティング方法を紹介してますが、ストレートでも常に同じスピードで来るわけでは無いので、この練習は変化球でもストレートでも活用できる練習方法です。なので変化球を投げない学童でもやって欲しい練習になります。

 

練習方法は、バッターも投げ手も普通の立ち位置で行いますが、バッターの意識はピッチャーの一番速い球(ストレート)のタイミングで待ちます。しかし投げ手はボールを投げないです。このときバッターは、体重が前に突っ込まないように体重を後ろにしっかり残していることが重要です。身体を「残す、残す」を意識することが重要です。そして一度投げたかった投げ手は、2往復目でボールを投げ、バッターは身体が残っている状態でスイングする練習となります。

2往復目のスイングは身体が残り、止まった状態から打つことになりますので、手打ちになりやすいですが、決して手打ちにならず、下半身や腰を上手く使って、身体全体の回転力で強くスイングすることが重要です。変化球などでタイミングがズレてしまって力の無いスイングをしてしまい、結果凡打にならないことを意識して練習を行うと良いです。

またポイントとして、1往復目でしっかりと身体を残して前に突っ込まずに入られたものの、2往復目でスイングするときに身体が前に突っ込んでしまっては全く意味ないです。自分のヒッティングポイントまでしっかりと引き付けてからスイングすることがとても重要です。

 

まとめると、
・1往復目ではストレートのタイミングを強く意識し
・しっかりと身体を残すこと
・2往復目は自分のヒッティングポイントまで引き付け
・決して手打ちにならず、下半身や腰を上手く使って、身体全体の回転力で強くスイングすること
の4つがポイントとなります。

動画をご覧いただき実践してください。

 

 

動画引用元:【変化球打ち!】甲子園出場コーチに教えてもらった変化球を打つ練習を紹介!すぐにできる!【打撃】【バッティング】