ボール回しをより効果的に 下手投げ&ノーステップピボットスロー

先日、とある野球チームの練習に参加させて頂きましたが、最初のキャッチボールで驚いたことがあります。それは「下からボールを投げる」練習をやっていたことです。筆者は下からボールを投げてキャッチボールをする姿を見るのは初めてでした。

監督さんに「なぜ下から投げる練習をやっているんですか?」と質問させて頂いたところ、「下から投げることは試合では結構あるのですが、練習ではなかなかやらないでしょ。速くてコントロールのある下手投げは意外に難しいんですよ」という回答でした。なるほど、と唸るしかない回答でした。いかがでしょうか。みなさんは下手投げの練習を頻繁やったことありますか?

 

今回紹介する動画は、塁間より距離を縮めてからの下手投げとノーステップピボットスローでボール回しをする練習です。

下手投げのボール回しは、4組のグループを作り2つのボールを使ってボール回しを行い、右回り左回りどちらとも回します。下手投げとはいえ、捕ってから速く正確に投げることは変わらず、クイックスローと同じように行うことが重要です。特に右投げが左回りの時が難しく、肘を上手く使わないと、速いスローにはならないです。

ノーステップピボットスローのボール回しも、4組のグループを作り2つのボールを使ってボール回しを行いますが、下手投げのボール回しの時よりも距離が長くなり、間を10mに設定します。10mほどの距離であればノーステップでも十分届く距離ですし、ノーステップの方が無駄な動きが少ないためクイックにスローイングできます。速く、無駄なく、正確に、を意識して行うと効果的です。

ぜひ動画を参考にして試してください。

動画引用元:ミニボール回し 高崎中央ボーイズ