スローイング練習 体重移動をスムーズにもっと力強く投げる練習

この練習は投手のみならず全ての選手にやって欲しいですし、特に肩が弱いと思っている選手に持ってこいの練習です。身体全体でスローングし、体重移動がスムーズにできれば、肩の弱さは十分補うことができます。

 

練習内容は2種類あり、1つ目は、軸足だけで3歩前に進んでからスローイングする練習です。子供が遊びでやってるケンケンパのケンケンを横向きで軸足だけで行うイメージになります。動画の方も必死にお尻を触ってアピールしてますが、重要なのはヒップファーストです。最初にケンケンをやる時も、ただ軸足でステップするのではなく、お尻を前に出しながら行い、ヒップファーストでスローイングすることをイメージして行います。ヒップファーストを意識していればスムーズな体重移動も自然に出来てくると思います。

2つ目は、大きく股を開き一度前に体重乗せてから、そのあと軸足に体重を乗せてからスローイングする練習です。一度体重を前に乗せるので、身体の振り幅が大きい分、軸足に体重が乗りやすくなる点がとても良いです。体重移動がスムーズに出来ない選手や、軸足に体重を乗せることが苦手な選手にオススメの練習です。

 

もっと肩を強くしたい、と思っている選手はたくさんいると思いますが、肩を鍛えたり、遠投を繰り返したりするのも、もちろん良い練習です。ですが、肩の弱さを補う、スローイングフォームの見直し、ダイナミックなフォーム、スムーズな体重移動を練習することもオススメです。

では動画をご覧ください。

動画引用元:2 Drills to Throw Harder – Baseball Throwing Drills!