内野守備練習 基本となる3種類のゴロの捕球姿勢を学ぶ

内野手において捕球姿勢の基本は押さえておきたいものです。捕球姿勢は大別すると正面・バックハンド(逆シングル)・フォアハンドの3種類に分かれます。今回はこの3種類の捕球姿勢の基本を紹介します。

 

正面

股関節から腰を落とし、腕はダラーンとリラックスした状態。同じように足もリラックスした状態にします。そして転がってくるボールに対して、グローブでギュと強く握るのではなく、ボールを優しく包み込むように、卵を割らないで捕るイメージで捕球することです。また左足のつま先を上げて捕球することで、次の送球へのステップ動作がスムーズになります。

 

バックハンド(逆シングル)

右利きの場合だと、右側のゴロになりますが、バックハンドでの捕球姿勢についてです。真っ直ぐ両足を広げた状態から右足を一歩後ろへ引きます。右足の前側にグローブを置きます。この時、グローブにボールが入るのを目で確認できる位置で捕球することが重要です。そして、実際に捕球する時は、グローブを引いてキャッチするのではなく、どちらかというとグローブを押すイメージでグローブを出すと捕りやすくなります。投げ手は腰のあたりに準備しておいて、両手で捕りに行かないこともポイントとなります。

 

フォアハンド

右利きの場合だと、左側のゴロになりますが、フォアハンドでの捕球姿勢についてです。フォアハンドのグローブの位置も、グローブにボールが入るのを目で確認できる位置で捕球することが重要です。そして、両手でボールを捕りに行こうとすると状態が前に崩れてしまうので、上体を少し起こしながら目で確認できる位置にグローブを片手で出して捕球します。上体を少し起こしながら捕球することで、次のステップ動作に進みやすくなります。

以上が3種類の基本となる捕球姿勢になります。しっかりと基本を押さえて練習すると良いですね。では動画で詳細をご確認ください。

 


 

動画引用元:【内野守備】元メジャーリーガー直伝!「捕球姿勢」の基本(正面・バックハンド・フォアハンド)