三塁手において3つの大事なこと

筆者の個人的な見解ですが、特に軟式野球時代は、サードに打球が行くことが多かった記憶があり、そのためチームの中で最も捕球が上手く、送球に安定感のある選手が守っていた記憶があります。つまり、サードに一番上手い野手を配置していたわけです。

サードは、痛烈な打球が飛ぶ時もあれば、バント処理などの緩いゴロ処理もあり、ファーストまで一番遠い位置に配置されているんで送球力も要求される、とても難易度の高い守備だと思います。

なのでサードにすごく上手い選手が配置されると、キャッチャーから見て、とても心強さを感じ、無理に三振を取りに行かなくても、引っ掛けたり詰まらせたりと、サードへ打たせて取る手段が増え、リードに幅が出ます。

三塁手において大事なことはたくさんあると思いますが、キャッチャーの視点で「こんなサードがいい!」というのを3つ挙げたいと思います。

 

声が大きく盛り上げ上手

サードはピッチャーから距離が近いため、よくピッチャーに声かけ盛り上げたり、時には引き締めたりできるサードがいるとキャッチャーは助かります。
またバッターからの距離も近いので、声でプレッシューをかけることが出来るのもサードです。筆者がまずサードに求めるのは、声が大きく、チームやピッチャーを盛り上げてくれる選手であること。こんなサードがいると、チームの雰囲気が全然違うことを実感してます。

 

身体で打球を止めるガッツ

サードには本当に強い打球が行きます。強い打球が行ったとき、グラブだけで捕りに行くと多くの場合、弾かれてしまい、結果、強襲ヒットになります。このような強襲ヒットは何度も見たことがあり、正直このとき「捕りに行くんじゃなくて止めに行ってくれよ」と思うときがあります。
なので、捕球に自信がある選手よりは、不器用でも良いから身体で止めに行くガッツある選手の方が、頼りになることが多いです。

 

送球には自信がある

技術面において要求することであれば送球の安定感です。もっとわがままを言うのであれば、肩が強いと尚良いです。サードはファーストから最も遠い内野手ですし、バント処理のときセカンドに送球するのも遠いです。すべての送球をノーバウンドで投げて欲しいとは思いませんが、ワンバンでもしっかりと真っ直ぐに投げてくれるサードは心強いです。
巨人の村田選手は、元々ピッチャー出身のため肩に自信があるので、送球力が非常に高いです。なので、送球に自信がある分、後ろに守れるし、少しぐらいボールを前に落としても大丈夫、という余裕が感じられる守備をします。

以上3つが筆者が思う三塁手の大事なことです。

では、三塁手の名手、巨人の村田選手の守備をご覧ください。