応用ティーバッティング 身体のタメと変化球に対応する練習

これまで様々なティーバッティングを紹介してきましたが、今回は「後ろから投げる」と「ワンバウンド」が合体した、応用ティーバッティングになります。

身体が前に出てしまうことは、バッティングにおいて全ての悪循環になります。
強い打球が打てなかったり(手打ちになる)、肩が早く開いてしまったり、と身体が早く前に出てしまうことで、悪いバッティングの典型を作ってしまう可能性が高いです。
なので、最後の最後まで粘り強く、体重を後ろに残して置くことはとても重要です。

つまり「タメ」のあるバッティングが出来ると、バッティング自体が良い方向になります。

この「タメ」を作る練習で効果的なのが

【後ろから投げてもらうティーバッティング】

になります。
実際にやってみると分かりますが、思っている以上に軸足に身体が乗っている感覚があり、自然とタメを作れているバッティングができます。これを反復することで、タメのあるバッティングが染み付くことができると思います。

更に、今回は【ワンバウンドティーバッティング】も複合しているので、タメを作りながら、予測していなかった軌道にボールが来ても、しっかりと芯を当てる練習も同時にできます。

打者として、変化に対応するためには、

 

少しでもボールを長くみること

 

がとても重要になりますが、この練習でボールを長く見た上でスイングすることを体現できると思います。

これはとても良い練習です。是非、取り組んでみてはいかがでしょうか。