ネットを使って身体の開きを抑えるティーバッティング

バッターの後ろにネットを置いて行う、面白いティーバッティング方法です。

少しネットを置く角度が難しいのですが、動画のバッターが左バッターなので左バッターで説明しますと、バッターお尻の右側のところにネットを置き、お尻から開かないようにします。そして、足は少し内股にして内側に絞るイメージをしながら固定して、腰の回転を意識してスイングします。

ネットがお尻にあることで、ネットにお尻が当たらないように打つことを意識しますので、開きを最小限にすることができるのが、とても良いと思います。動画のバッターも、下半身を使ってないものの、シャープなスイングになっているのが分かります。

また、この練習の注意点として、足は固定したまま行いますので、上半身だけでスイングすることになります。この時、手だけで打ちに行くのではNGです。どちらかと言うと腕の力は逆に使わず、腰の回転を使い、回転の力を利用して打つことが重要です。

では、動画をご覧ください。