打撃練習 ポイントを近づけてレベルスイングの幅を大きくする

この動画は古田敦也さんが教えるティースタンドを使って、打つ位置を変えていって身体の近い位置(近いポイント)でティーバッティングする練習です。

 

この練習の良いところは、より実践的な練習になることです。通常のティーバッティングは、自分が好きなポイントで常に打つことが出来ますが、このティーバッティングはポイントを少しずつ近づけて、窮屈な状態を作りセンター返しを心がけて打つ練習になります。試合の時、自分が好きなポイントで打てることって実は少ないですよね。差し込まれることも多々あります。でも、差し込まれたとしても、しっかりと打ち返せる練習をティースタンドで行います。

この練習は筆者も実際に見たことがありますが、DeNAの筒香嘉智選手も試合前の練習で念入りにやっていたティーバッティングです。かなり近いポイントにスタンドを立てて打ってましたが、打球は強烈だったことを覚えてます。筒香選手は試合前に様々な種類のティーバッティングをやってましたが、この練習を最も長くやってました。

動画引用元:筒香嘉智 ティーバッティング 強化試合前

 

この練習は、
・身体が突っ込み気味でダウンスイングになっている
・ヒットが打てるポイントゾーンを広げたい
・レベルスイングの型を固めたい
という選手にオススメの練習です。この練習を実際にやってみると分かりますが、自分の身体の真ん中の位置にティースタンドを置いて、いざ打とうとすると、この練習の難しさを実感します。「これ、本当にちゃんと打てるのか?」という疑問がよぎります。この疑問が出てくるのが工夫への第一歩かもしれないですね。

ポイントが近くなるほど難しいですが、近くなるほど、後ろからバットを出すイメージを強くして、レベルスイングの幅を大きくすることを意識してセンター方向に向かって強くスイングします。どうすればセンター方向へ真っ直ぐ打つことができるだろうか、を考えて取り組めば、自然とレベルスイングが身につきやすくなると思います。

ぜひ動画を参考に実践してください。

 

 

動画引用元:ティーバッティング 古田が明かした驚きの練習法とは?