打撃練習 軸足を台に乗せて体重を前に乗せるティーバッティング

・体重が後ろに残り過ぎてしまう
・体重移動がスムーズではない
・体重を乗せることが出来ず手打ちになってしまう
と、強い打球を打つことが難しいですし、もちろん飛距離アップにもつながりません。なので、上記に出た課題は改善する必要があります。

筆者も様々な先週を見ていますが、特に少年・学童野球選手によく見られるのが手打ちで打っている姿です。手打ちで打っているので、内野を越える打球もなかなか打てない状態を目にします。逆に体重がしっかり乗ったスイングをしている選手を見かけると、チーム内でも目立ちますし、やはり打球スピード、飛距離ともに素晴らしいです。

変なクセが付かないように、早い段階で体重移動ができるようになること、体重をボールに乗せる感覚が身に付いていること、を実現させておきたいところです。

 

体重移動をスムーズにさせる練習方法は色々ありますが、今回紹介する練習は、軸足を台に乗せてティーバッティングを行う練習です。軸足を台に乗せることにより、自然と体重が前に乗る感覚になり、ボールに体重をぶつけられているようなスイングを実現できます。この感覚を身体に染み込ませるほど反復して行うことが重要です。

注意点として、台に軸足が乗っていることで身体が前に出てしまう分、身体が早く開きがちになります。身体が開いてしまったまま反復練習しても意味はないので、身体が開かない意識も同時に行うことがポイントとなります。

動画でスイングしている方は、身体が開かず、しっかりとボールを引き付けて打っているので、ぜひ参考にして実践してください。

 


 

 

動画引用元:ティーバッティング 練習方法 〜体重移動を行うために〜