投手練習 かつぎ投げでは無い正しいテイクバックを覚える

投手において最も注意したいことが肩や肘の怪我です。いわゆる野球肩、野球肘と呼ばれる野球選手特有の怪我になります。最悪の場合、肘が曲がる可動域が狭くなったり(ちなみに筆者はなってます)肩が痛みがひどいため上がらない場合もあり、怪我ではなく障害につながることも考えられます。なので、正しい投球フォームで怪我しにくい投げ方を覚えることが重要となります。

今回紹介する動画はテイクバックについてです。よく小学生や中学生の投球フォームで見るのが「かつぎ投げ」と呼ばれる投げ方です。かつぎ投げになってしまう原因はテイクバックのやり方にあります。

肩を軸にしてボールを後ろに強く引くテイクバックをしてしまうと、かつぎ投げになってしまいがちで、肩や肘へ大きな負担になります。特に肩へのダメージは大きいです。実際に皆さんの近くの選手にもいないでしょうか?肩を軸に後ろへ大きくテイクバックする選手を。チームで遠投をやってみて確認し合うとよく分かると思います。このようなテイクバックしている選手は、肩や肘を故障してしまう可能性の高い予備軍ですので、正しいテイクバックを覚える必要があります。

正しいテイクバックは、腕を内側に捻りながら腕を下げつつ、肘は意識して肩と並行になるまで上げます。

↑この写真のようなテイクバックの形が正しいテイクバックの状態です。このときに、肘が伸びきってボールを後ろへ強く引っ張った状態になると、かつぎ投げになりやすく、肩へのダメージが大きくなります。

正しいテイクバックを覚えるためには、いきなりボールを投げるのではなく、まずはシャドウピッチングからスタートし、その次に軽いボールを実際に投げてみて、最後に通常のボールを投げるという段階を経てフォームを固めると良いでしょう。

尚、筆者的にはヤンキースの田中将大投手のテイクバックは綺麗で躍動感あるといつも感じてます。

 

引用元:田中将大は、打たれても負けない。ムードを変える説明不能な“パワー”。

 

↑このようなテイクバックに近づけれるようにしたいですね。

詳しい解説は動画をご覧いただければ分かりますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

動画引用元:投球フォームと投球障害 Vol.3 テイクバック