バランスボールを使って開かないスイング練習

バランスボールを使った練習は本当にたくさんあります。このようなトレーニング器具を使って練習のバリエーションを増やすのは、マンネリ化防止にもなりますし、体幹を鍛える良い練習にもつながります。

今回の練習は、バランスボールを足で挟んで素振りをする練習です。

実際に筆者もこの練習をやってみましたが、まずボールが転がらないように、しっかりと足でボールを挟むので、内転筋が非常に効きます。見た目以上に内転筋に効く練習になりますので、オススメです。

また、足が固定された状態になり、かつ身体は内側に絞るようなイメージでスイングするので、自然と身体が開かないスイングにもつながります。どことなくツイスト打法に近い練習のイメージにもなりました。

内転筋をしっかりと鍛えながら、身体の開きを防止する練習としては、かなりオススメの練習です。
バランスボールは幅広く活躍できるトレーニング器具ですね。

では動画をご覧ください。