打撃練習 柔らかいボールを手の甲でとらえる練習

この練習は特にヘッドが下がる癖がある選手に有効な練習です。ヘッドが下がって打ってしまうと、ボールの勢いに対してバットが負けてしまい、力の無い打球になってしまい、平凡なゴロや内野へのポップフライになってしまいます。なのでヘッドが下がる癖は早く矯正した方が良く、しっかりとヘッドが立った状態でスイングすることが重要です。

特に高目の球に対して、ヘッドが下がる癖のある選手は、早急な矯正が必要です。基本的に高目のボールは長打になりやすくチャンスボールですが、ヘッドが下がって打ってしまうと、平凡なフライになる可能性が非常に高いです。チャンスボールをしっかりと打つためにも、ヘッドが下がる癖は矯正した方が良いです。

 

練習内容は、素手で当たっても痛く無い柔らかいボールを、右打者は左手の甲、左打者は右手の甲で、打つ練習です。そして、ただ手の甲で打つのではなく、ボールをしっかり見て、ボールの芯を手の甲に当て、真っ直ぐセンター方向へ飛ばす意識で行います。目の前のネットに届く前にゴロになってしまったり、上に上がり過ぎたりしないように気を付けます。

また、ダメな例として、手の甲で打つのではなく、空手チョップのように小指の下の方に当ててしまうのはダメなパターンです。空手チョップのように打ってしまうことが、ヘッドが下がって打つことにつながってしまいます。なので、チョップではなく手の甲で打つことを強く意識して行ってください。動画のように「手の甲で手の甲で」と声に出しながら行うと、より意識が高まるので、声を発しながら練習すると良いと思います。

 

そして手の甲で打つことが慣れてきたら、片手バット(動画では通常のバットですが)で打ってみると良いでしょう。バットを持ったとしても、手の甲で打つ強い意識と変わらず、手の甲で打つイメージをしながらバットで打つと良いでしょう。

ヘッドが下がる癖のある選手を多く見かけます。そこで「ダウンスイングで!」や「叩きつけろ!」と言っても、なかなか改善されないことが多いのではないでしょうか。ゆっくりと根気強く、この手の甲で打つ練習からスタートしてみてはいかがでしょうか。とても良い練習だと思います。では、動画をご覧ください。

 

 

 

動画引用元:野球指導〜手の甲(左打者は左手・右打者は右手)で打つ練習・打撃練習〜