守備練習 膝付きスナップスローでコントロールを磨く

スローイングが不安定でコントロールが乱れやすい選手は「リリースポイントが一定ではない」ということが言えます。コントロールが不安な選手の主な原因はほぼコレになると思います。リリースポイントが不安定にならないための練習としてオススメしたい練習が、今回紹介する「膝付きスナップスロー」です。

 

練習内容は名前の通りですが、地面に両膝を付けて、コントロールが付きやすい距離を取り、肘を高く上げて、肘の位置を固定してスナップを効かせて相手の胸を目掛けて投げます。

重要なポイントは、
・コントロールが付きやすいリリースポイントを覚えること
・投げ終わりの腕は相手の胸を指していること
の2点になります。

この練習はリリースポイントを安定させることが一番の目的です。なので、どのポイントで投げると常に相手の胸に投げることができるのか、考えながら、試行錯誤しながら練習することが重要です。コントロールが付きやすいリリースポイントは選手それぞれです。基本は顔よりも前ではありますが、顔の前のどこの位置なのかは微妙なリリースポイントがあるはずなので、探りながら練習すると良いでしょう。

そして、ボールをリリースした後の投げ終わりの腕は、相手の胸に向かって真っ直ぐ指して止めている状態にします。フィニッシュの形が、相手の胸より上過ぎる、下過ぎる、左右にズレていると、なかなかコントロールが安定しません。相手の胸を目標にして、スナップを効かせて真っ直ぐ投げる意識を高めることが重要です。

地味な練習かもしれませんが、コントロールを磨くためにはオススメの練習ですので、是非動画を参考にして実践してください。

 


 

動画引用元:スナップスローを練習選手に贈る 『ヒザ付きスナップスロー』