スナップスローを身に付けて送球コントロールを良くする

特に内野手ですが、スローイングのコントロールが不安定な選手は多いと思います。
不安定な要因は色々考えられますが、最も多いと思われるのが「リリースの位置が毎回バラバラ」という要因が多いのではないでしょうか。

毎回同じ位置でリリースができるようになると、送球が安定してきますが、その練習の一つとして「スナップスロー」を身に付けると、コントロールが良くなります。

 

クーニンさんが教えるスナップスローの練習講座が2つありますので、後ほど是非見て頂ければと思いますが、スナップスローの練習方法としてポピュラーなのが、

 

・直立した状態から真横へ手首だけでスローイング

・膝を付いて、肘の位置を固定して、スナップを効かせて投げる

 

という2つ練習です。
動画でどちらともやっているので、是非参考にしてください。また動画では、一人で行ってますが、キャッチボール形式で二人一組で実施することをオススメします。

この練習のポイントは、

 

・肘が下がらないように気を付けること

・肘は止めること

・フォロースルーは振り切るのではなく、相手の胸をめがけて止めること

・ボールの回転がしっかり縦回転が意識すること

 

になります。
以上を意識して、スナップスロー練習を反復してください。