打撃練習 ミート力を向上させてボールとバット芯をとらえる練習

今回は、ボール・バット共に「芯」をとらえる練習を紹介します。バットの芯のみならず、ボールの芯もとらえてバッティングすることが出来ると、飛躍的に打球のスピードや質が変わってきます。そのためにも以下で紹介する練習は本当にオススメです。

力強い打球にするには、パワーやスイングスピードを上げるのも重要ですが、筆者的に更に重要と思っていることは、ボールの芯をバットの芯でとらえることだと考えてます。これだけで、十分、強い打球を打てるようになりますし、更に空振りやミスショット(甘い球を打ち損じてしまうこと)も少なくできます。パワーやスイングスピードを強化する以上に、この「芯」でとらえる練習の方が重要です。

 

「芯」でとらえる練習で、効果的で誰でも簡単にできる練習が、普通のボールを打つのではなくバトミントンのシャトルでティーバッティングで打つ練習です。

a1

動画では、現メジャーリーガーの青木宣親選手が簡単にやってますが、実施にやってみると分かりますが、この練習は本当に難しいです。特に、普段、ボールをよく見ずに感覚のみでボールを合わせに行って、かつ力任せにスイングしている選手にとって、この練習はとても難しいと思います。

動画でも言ってますが、
・シャトルの先端に集中すること

・バットの芯で打つこと
の2つがポイントとなります。このポイントを意識してシャトルティーを実施すると良いでしょう。特にシャトルの先端に集中するのは重要で、普段そこまでボールに集中していないかたちでバッティングしている選手には、難しい動作になるかもしれません。シャトルに集中しながらスイングにも集中する動作は、思っている以上に難しいものです。でも、これをやらないとミート力の向上は難しいかもしれないですね。

もし、なかなか芯でとらえなれない場合は、軽いバットで軽いスイングでまずはやってみると良いでしょう。軽いバットでできたら、いつも使っているバット。いつも使っているバットでできたらマスコットバット。と、難易度を少しずつ上げていくと良いでしょう。時々ノックバットでやるのもオススメです。さらに、シャトルを投げるコースも、内角、外角、高目、低目と投げ分けると、なお、効果的です。

動画を参考に実施してみてください。

 

 

動画引用元:スワローズKA 田中浩康 青木宣親 バッティング応用