守備練習 遊撃手におけるダブルプレーの2つのポイント

野球において流れを変えるプレーの一つにダブルプレーがあります。攻撃側からすれば折角のチャンスを一気に潰してしまい相手に勢いをもたらしてしまいますが、逆に言えば、守備チームとしては2つのアウトを取ることが出来るだけでなく、チームに勢いをもたらすプレーとなります。プロの選手のように二遊間で華麗なダブルプレーを決めてチームを勢いづかせたいですよね。

そこで今回は主にショートに打球が来た場合に素早く二塁へ送球する場面で効果的な動きの練習を紹介します。

以下が今回紹介する動画です。

 

動画引用元:野球 内野手 ダブルプレー 練習方法

 

動きのポイントとしては
・腰を落として右側で捕球する
・右足から左足への体重移動を意識する
が挙げられます。

「右側で捕球する」は普通腰を落として捕球する時のグラブの位置を右足寄りにするということです。ショートは左側に来た打球は捕球してトスするかそのまま自ら二塁ベースを踏んで送球すれば良いのですが、ダブルプレーを狙う場面では二塁ベースの近くにポジショニングするので自然と打球も守備位置の右側に来ることが多いです。右側に来た打球に対しては、右足の前で捕球する事で次の送球へのスムーズな動きに繋がります。

そして右側で捕球してから右足に溜まっている体重をそのまま左足へ移してあげることで送球が完成します。ここでは投げようとして上半身を振りすぎないこと、あくまで下半身の右→左の体重移動を意識して行うことに注意して行いましょう。

動画にも紹介されていますが、練習法として右側にゴロを転がしてもらい上記の動きを繰り返すものがあります。これは繰り返し行うことで身につくスキルですので、日頃のノックで意識してみたり、自主練習や個人練習で積極的にこの練習を取り入れてみてください。

 

記事筆者:サカキン