守備練習 プレジャンプを忘れない 近距離ノックで合わないバウンドでもさばく

動画では守備の名手、井端弘和コーチが近距離ノックを受けている姿ですが、とても学ぶべきところが多い動画です。

・グラブさばきを磨きたい
・なかなかバウンドを合わせるのが苦手
・打球反応が良くない
と考えている選手にオススメの練習です。先にお伝えしておきますが、この練習は近距離で行うノックですが、決して「しごき」ではありません。この練習を行う際は、しっかりと練習の目的を伝え、何のための練習なのかを理解し合った上で行うと良いでしょう。

 

ノックを受けている井端コーチを見ると分かりますが、構えてから捕球体勢に入る前に、必ず小さくジャンプをして捕球体勢に入ります。この動作については以前当サイトにて紹介しており、詳しくは「守備練習 今宮健太 プレジャンプを使って第一歩目をスムーズに動き出す」をご覧いただきたいのですが、プレジャンプは、打球に対して反応する前に行う「予備動作」のことを言い、反応とほぼ同時に行う、次への動き出しがやりやすくなるために行う動作です。井端コーチは毎回このプレジャンプをしているということは、既に染み付いている動作の一つなのでしょう。見習いたい動作ですね。

また、バウンドが合わない時は、足を引く、足を前に出すなどして、グラブだけではなく、身体全体を使ってバウンドを合わせに行ってます。こちらも当サイトで紹介しており「内野守備練習 バウンドが合わない打球に対する対処方法」をご覧頂ければと思いますが、慌てて身体で止めにいくような形にならず、頭だけを下げて目線を変えずに、冷静に最後までボールを見極めることが重要です。

近距離でのノックの場合、打球反応と合わせ難いバウンドに対してどうアプローチするのかが重要となり、試合に近いかたちでの捕球練習となりますのでオススメの練習方法です。ぜひ動画を参考にして実践してみてください。

 


 

 

動画引用元:近距離でのノックの見本を見せる井端