バント練習 股関節を使ってボールを受けるイメージで送りバント

野球というゲームは、どれだけ塁を先に進めることが出来るのか、が攻撃面において重要になります。確実に次の塁へ進められる術をチームや個人の武器として持っていると、強いチーム強い個人になると思います。次の塁に確実に進められる作戦として用いられる代表が「送りバント」ですね。バントで勝敗が分かれ、バント職人でレギュラーを勝ち取った選手、というのは数多くあるのではないでしょうか。

動画で登場する方(大井さん)は、非常にバントがうまく、とても参考になりますので、紹介します。

 

大井さんが送りバントにおいて意識していることは、まずは「ランナーを進めることを第一に」していることです。自己犠牲の精神とでも言うのでしょうか。チームの勝利のために、一つでもランナーを先に進めてあげる意識はとても重要ですね。自分は死んでも良い、という考え方なので、ボールをしっかりと転がしてから走ること、が大切です。

次のポイントは「手だけでやらない」こと。手だけでやってしまうと、バットを操作する際、目で確認することを怠ってしまう場合が多い為、成功率が下がってしまいます。なので、身体全体を使い、バットが目(顔)の近くにあることが重要です。

次のポイントは「股関節を使うイメージ」とのこと。このイメージは筆者個人的には新しいイメージですね。膝を使って、と言われることがありますが、確かに膝を使うことは重要だと思いますが、膝だけですと上下には強いですが、前後には弱いイメージがあります。

実際に大井さんがバントをやっているシーンを見ると、股関節を使いながら身体を後ろに引いて、ボールを優しくキャッチするかのようにバントを行ってます。自分からボールを追いかけたりしておらず、逆に引きながら受けているので、しっかりとボールの勢いを殺したバントができていることが分かります。

ナイスバント!

この一言に尽きるバントですね。
最後に構え方のポイントとして「高めに構える」と良いようです。バットを下から上に持ってきてバントするとフライになりやすくなるため、フライ防止のためにも、まずは高めに構えることが重要なようです。

・ランナーを進めることを第一に
・手だけでやらない
・股関節を使うイメージ
・高めに構える
この4つのポイントを意識してバント練習をやってみてください。では動画をご覧ください。

動画引用元:【超バント論!】高校時代2番を打ち続けて来たオイラのバント論!膝ではなく股関節を使う!