内野守備練習 源田壮亮 捕球から送球までの速さを習う

西武の新監督である辻監督が春季キャンプから付きっ切りで守備特訓を行っているのが、ルーキーの源田選手です。

守備の特訓でキツイ練習とはいえ、あの名手辻から直々に習うわけですから、嬉しさもあると思いますし、期待されている実感も感じいるでしょう。何より辻監督の現役時代を知っている源田選手の親が一番嬉しいのではないでしょうか。

源田選手は、トヨタ自動車時代に社会人ナンバーワンのフィールディング能力を持っていると言われ、かなり守備力の高いルーキー選手です。昨年のライオンズは守備の乱れから試合に負けることが多く、特にスローイングミスが目立って多かったようです。なので、ライオンズが社会人ナンバーワンの守備職人を獲得したのも納得ですし、辻監督が付きっ切りで特訓しているのも分かります。

源田選手の守備の動画を見て真っ先に思ったのが「捕ってから投げるまでのスピードが異常に速い」ということです。もちろん、ボールを追いかける足の運び方やグローブさばきも華麗ではありますが、捕った瞬間にスナップスローになっている姿を見ると、かなりの速さではないかと思います。

当サイトでも、

捕球をしたらグローブをヘソへ持っていく

で紹介した「キャッチしたらグローブをヘソへ」という動作が、源田選手は異常に速いです。きっと、何度も同じ動作を反復練習し、このスピードまで持ってきたのでしょう。

ぜひ動画を見て参考にしてみてください。

動画引用元:西武ライオンズ2017春季キャンプin春野

 

動画引用元:埼玉西武ライオンズ開幕スタメンから新人王へ源田壮亮シートノック