右、左と10球連続で行うショートバウンド捕球練習

|||
まず↑このような感じで3本線を引きます。
そそて真ん中の線をまたぐように構え、右の線にショートバウンド、左の線にショートバウンドを投げてもらい、左足(右利きの場合)をステップしながら、ショートバウンドをさばく練習です。

右、左、右、左と交互に投げてもらい、合計10球行い、連続してキャッチできるようにします。

注意すべき点は、

 

・腰を低く保つ

・膝は柔らかく上下に動かす

・グローブは下から上へと動かしキャッチする

・上からかぶせたり、横からグローブを出すのはNG

 

の4点になります。

特に、腰の低さとグローブの動きは注意して実施すると良いです。また、可能ならば、この動画のように定点で動画を撮影し、自分がどんな動きをしているのか確認すると良いと思います。多くの場合、腰の位置が高い場合があるので、腰の位置はしっかり確認した方が良いでしょう。

 

股関節を意識しながらグラブハンドリングの練習

 

宮本慎也が教える逆シングルでの捕球の極意

 

以上の練習も合わせてやると良いでしょう。

では動画をご覧ください。