宮本慎也が教える逆シングルでの捕球の極意

■課題・要望
・逆シングルの捕球がもっとうまくなりたい

名手宮本慎也が教える逆シングルでの捕球の極意を紹介します。

動画でも伝えていますが「基本的には体の正面で捕る努力をする」ことが重要です。なんでもかんでも逆シングルで捕球するのではなく、アウトカウント、ランナー、点差など、その時の状況に応じて、逆シングルを使うのか使うのかを判断する必要があると言ってます。

また、逆シングルで捕球する際は、グローブを引くイメージを持っている選手が多いと思いますが、グローブは引くのではなく、普通のゴロを捕球することと同じように、ショートバウンドで捕りに行くと捕りやすいです。そして、ショートバウンドで捕りに行く努力をして、それがダメだった場合に、グローブを引くようです。なんでもグローブを引くのではないですね。

詳しくは是非、動画を見てください。

また、練習方法としては、投げるかノックで高いバウンドを作ってあげて、ショートバウンドでキャッチできるところまで、足を運びグローブを出す練習が良いでしょう。
更に、下の動画のように、ゆっくりとボールを転がしてもらい、素手やグローブで捕球して、グローブの出し方、確実に捕球する逆シングルの体勢を体にしみ付けさせる練習も良いと思います。
詳しい練習内容は、下の2つの動画を見てください。