打撃練習 身体が突っ込まずタメを作る為のランダムティーバッティング

動画では打撃不振の時に実施する練習として紹介しているランダムティーバッティングですが、筆者もこの練習はとても良いと思います。選手にもよりますが、筆者の場合、打撃不振が続いている原因は「身体が早く前に突っ込んでしまう」「軸足にタメが作れず身体の開きが早い」という2つが主な原因です。要はトップがしっかり出来ていないです。甘めの外角の球を簡単に引っ掛けたり、変化球を内野ゴロばかり打ったりしていると、悪い癖が出ていると認識します。

この練習は、筆者のように「突っ込みが早かったり」「軸足にタメが作れなかったり」する場合に最適な練習と思いますので、同じような課題を持っている選手がいれば是非参考にして頂きたいです。

 

ランダムティーバッティングのやり方は、通常のティーバッティングのスタイルで行いつつも、投げ手側が時々投げるタイミングをズラして投げます。投げる手を一度止めてから投げたり、少しだけゆっくり投げたりして、タイミングをズラしながら行うティーバッティングです。このとき打者の方は、センターから少し逆方向を意識しながらスイングすると良いです。

投げるタイミングをずらされてしまった時でも、身体が突っ込んでないか、身体が開いていないか、軸足にタメが作れているか、トップがしっかり作れているか、などを確認しながら行うと良いです。

 

筆者の場合は、内野ゴロ(特に引っ掛けた感じのサードゴロやショートゴロ)を連発すると打撃が下降気味になってしまうので、このランダムティーバッティングに加えて、レベルスイングを意識しながらも打球を上げることも意識してました。狙う方向は右打者なので右中間に打つ意識を持って、逆方向へ弾道高く強く振り抜くイメージを持ってました。

動画の最後には、バッターが意識するところを解説していますので、こちらも参考にしてください。

 

 

動画引用元:打撃不振のときにやると打てるようになるランダムティー打撃!打つときに注意しているポイント解説付き