クイックスローでどっちが多く投げられるか対決

キャッチボールの後によくやるクイックスローで2人1組となって、30秒間でどっちが多く投げられるのか対決するゲームです。

クイックスローは本当に難しく、捕球するかしないかと同時に、右利きの場合は、右足を少し引いて左足は相手の方に出し、右手はグローブの近くに持ってくる。捕球したらすぐにボールを持ち、スナップスローで相手の胸へ投げる。

同時に行う作業が多い上に、送球の正確性も問われるので、とても難しいですが、クイックで投げる時は多いので、とても良い練習です。

かつ、対決となると非常に盛り上がりますし、負けたくないので一生懸命やるのも、効果的になります。

もしかすると筆者のひいき目で見てしまっているかもしれませんが、やはり井端コーチのクイックスローが一番綺麗な感じがします。まず無駄が少なく脱力している感じが良く、でもリリースになると肘から上は力入れているように見えます。

若手の選手は、常に力が入っており、送球にブレがあるように見えます。

速く動かなきゃ、と思えば思うほど、力が入ってしまいがちですが、だからこそ力を抜いて、素早く相手の胸へと正確に返球することが重要ですね。

 

 

スナップスローを身に付けて送球コントロールを良くする

 

椅子に座って上半身のスローイング練習

 

以上の練習も参考にすると良いと思います。

では動画をご覧ください。