素早い送球で使う内野手のスナップスロー練習

スナップスローがしっかり出来るようになると、より素早い送球が実現でき、キャッチしてから送球までのスピードが上がります。さらに、横からのスナップスローが出来ると、腕をわざわざ上まで上げる必要無いので、より素早い送球を実現できます。

しかしスナップスローは練習をしていないとコントロールが付かず、全く使えない投げ方になるので、正確なコントロールになるまで練習すると、一つランクが上がる内野手になります。

 

スナップスローのコツですが、まずはグローブを相手に向かって真っ直ぐ向けること。そして肘を支点にして送球し、投げ終わりの時は、小指が相手の方向に向いていると、コントロールが付きやすくなります。

横からのスナップスローもコツは同じです。横から投げるとどうしても動きが雑になりがちなので、丁寧に行うことが重要です。

より上級の練習としては、上からや横からスナップスローを行うだけではなく、様々な角度でスナップスローを行い、どの角度からでも正確なコントロールになるように練習すると良いです。

まずはネットや壁に向かって練習し、ある程度コントロールが付いたら、的を作って的に向かって細かいコントロールが付く練習をやると、一人で出来ますし、数をこなせる練習になり上達も早いと思います。

では動画をご覧ください。

動画引用元:【内野手必見!】スナップスローで意識すること!☆実演動画あり☆