投手練習 クイックモーションの基本をおさえて早く力強く

先日「みんなのプロ野球ファンミーティング」に参加しまして、ゲストが走塁のスペシャリストの鈴木尚広さんでした。約2時間ほどでしたが、話しを聞いているだけであっという間に時間が流れ、ものすごく楽しい時間を提供頂きました。

そこで、鈴木さんが盗塁に関する秘話をたくさんしてもらいましたが、筆者的に印象深かったのが「盗塁のとき走者は投手と対戦しているんだな」と強く感じたことです。鈴木さんから出た秘話の中は、大部分が投手の話しで「クイックが速い投手は◯◯さん」「牽制の上手い投手は◯◯さん」など、キャッチャーの肩や送球スピードの話しはゼロに近いぐらい話しに出て来ず、投手の話しがほとんどでした。そして、

 

勇気を持って一歩目を踏み出せるか

 

これが鈴木さんの盗塁の極意としておっしゃっていた言葉です。胸に刺さりました。盗塁はやはりスタートが大事である、ということを鈴木さんは伝えているのだと感じました。逆に盗塁を刺すためには、投手の能力が高くないといけないということですね。

今回紹介する動画は、元東京ヤクルトスワローズの山本斉投手が教えるクイックモーションの基本です。

 

クイックモーションで大事なことは、自分のフォームを維持しつつも、フォームを早くできるか、ということが大事になります。自分のフォームを維持できず、バラバラなフォームや力の無いフォームで投げてしまうと、対戦している打者にとってはチャンスボールになりかねません。また走者を意識し過ぎると上体が前に突っ込んでしまいます。クイックモーションは、走者と打者の2人と対戦しているイメージを持たないといけないです。

ポイントとしては、
・前足を小さく早く足をつくこと
・(右投げの場合)右の腰は開かずに残すこと
・(右投げの場合)左のお尻を前に持ってくるイメージ
・(右投げの場合)右の股関節に体重を乗せる感覚で投げること
の4つが大事となります。クイックモーションでありながらも、ボールにしっかりと力が伝わるフォームで投げることが重要になりますので、この4つを意識して、ピッチング練習を行うと良いでしょう。詳しくは動画をご覧ください。

 

 

 

動画引用元:スワローズKA 山本斉 クイックモーション