投手練習 クイックモーションが速くなるコツ

特にランナーが1塁に出塁している状況において、クイックモーションが速いのか遅いのかで、試合の状況が大きく変わります。盗塁で最も大事なポイントはスタートです。投手がモーションを盗まれ、投球フォームが大きければ、どんなに強肩な捕手であっても盗塁を阻止するのはとても難しいです。盗塁阻止には、投手の能力も必要になります。

また現在の野球では、ストップウォッチで投球から2塁到達までのタイムを計り、誰が盗塁できて、誰が盗塁できるのかを定量的に測定します。なので、バッテリーで盗塁を阻止する努力、バッテリーで2塁到達までの時間を縮める努力が必要となります。

投手においては、牽制の上手さで盗塁を未然防止することができますが、2塁で阻止するためにはやはりクイックモーションを速くすることが重要となります。

 

動画では土肥義弘さんがクイックモーションを速くするためのコツや注意点を解説しており、とても分りやすいです。

まず注意点としては、速く投げたい意識が強くなり過ぎて、身体が前に突っ込んでしまうことです。前に突っ込んでしまうと、投球フォームが大きく崩れ、球速が大幅に落ちますし、コントロールも不安定になります。

この身体が突っ込んでしまうのを防ぐテクニックが、通常であれば、右投手であれば左足を上げて軸足の方から始動しますが、クイックモーションに限っては、前の足(左足)から始動します。前の足から始動することにより、身体の突っ込みを抑えることができますし、モーションも速くなります。

更に、前の足を始動する際に、軽く前(右投手で言えばサード方向)やセカンド方向に小さく蹴り出すことにより、クイックモーションでも球に勢いをつけることが実現できます。このテクニックにより自分が持っている球威・球速が落ちにくくなり、結果、捕手が受けるタイムも速くなります。

動画で動きを参考にして、ぜひ実践してください。

 


動画引用元:土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座『クイックモーションのポイント』