送球によるショートバウンドの捕り方

動画でも言ってますが、相手がベースに投げてたボールがショートバウンドになってしまった際、このボールをキャッチできるかできないかで、チームを救える選手になるかどうかの分かれ道になるかもしれないです。

というか、ショートバウンドをうまくキャッチするとカッコイイですよね!

やみくもにグローブを出すだけだとうまくキャッチできないです。

まずは、姿勢は低く取り、グローブが上から行かないことを気を付けます。動画で実際に捕る姿勢をやってますが、送球のラインに目を合わせるように構えるので、低いボールの場合はかなり低くなります。

次に、ワンバウンドする所をいち早く察知すること。相手が投げたボールの軌道と勢いで察知することが要求されますが、これは少し難しいですし、経験が必要かもしれないですね。そしてある程度察知できたら「ここでバウンドするのではないか」というところに足を運びます。

グローブの出し方については、ボールに対し横からキャッチするのではなく、送球のラインに対して垂直にグローブを持っていることが理想です。そしてボールの軌道に対しグローブは上下させますが、キャッチする際は下から上でキャッチすることです。

簡単にまとめますと、姿勢は低く、バウンドする箇所をいち早く察知し、その場所に足を運んで、ボールの軌道に対してグローブを垂直に出して、下から上へとキャッチする、というまとめになると思います。

では動画をご覧ください。