打撃練習 ヘッドスピードが最も速いタイミングでインパクトする練習

強い打球を打つ条件として、まず必要はことは「ヘッドスピードが最も速いタイミングでインパクトする」ことが重要になります。ヘッドが乗ったタイミングでインパクトすることで、ボールとバットが当たる衝撃が大きくなり、その分ボールに飛距離が出ます。なので、今の自分のスイングでは、ヘッドスピードが最も速いところはどこか?を知る必要があります。

 

動画では「パワースラッガー」というトレーニングバットを使って、インパクトのタイミングをどこですべきなのか、を解説してます。

筆者ももちろん、このパワースラッガーでよく素振りしてましたが、筆者の場合は何も考えなくてスイングすると、自分の身体の前で音が鳴ってしまいます。ボールが当たらない位置で音が鳴っているので、これはNOですね。なので、すごく大きいファールを打つことがありました。三振前のバカ当たり、というやつですね(笑

なので、もっと身体に近い位置で音が鳴ることを目指してスイングするように心がけてます。もっとイメージつきやすいように言いますと「ホームベース上で音が鳴る」感覚です。ホームベース上で音が鳴ることを意識すると、自然と、

・身体の開きを抑えるようになる
・スイングの軌道がインサイドアウトになる
・手打ちではなく下半身からスイングする形になる

という感覚が筆者的にはあります。どれも良いスイングするためには重要なポイントとなります。

 

また動画でもおっしゃってますが、この練習は「どこで音が鳴っているのか」がポイントになりますので、自分でどこで音が鳴っているのか分からない場合は、第三者の方が見て、音が鳴っている位置やスイングの軌道を教えてあげることが大切です。自分で感じた音の位置と第三者が聞いた音の位置ではズレが生じてしまう場合があります。なので、できる限り第三者の方がお手伝いすると、より質の高い練習になるかと思います。

自分のスイングが今のままで問題ないのか?自分のスイングのどのタイミングでインパクトすればもっと強い打球を打つことができるのか?で困っている選手にはオススメのトレーニングバットですので、ぜひご活用してもらえると良いと思います。

では動画を参考にしてください。

 


 

 

 

動画引用元:パワースラッガーでバッティングのタイミングとコツをつかもう!