投手練習 軸足はプレートと平行に 正しいプレートに使い方を学ぶ

今回紹介する動画は、東京ヤクルトスワローズの村中恭兵投手が教える、ピッチャープレートの正しい使い方を学びます。ワインドアップとセットポジションでプレートの使い方が違うので、分けて説明します。

 

ワインドアップ(ノーワインドアップ)

ランナーがいない時に行う投げ方です。
1:ホーム方向に対して正面を向きます。この時、両足でプレートを踏みます
2:踏み出す足(右投手であれば左足、左投手であれば右足)を引きます
3:軸足はプレートと平行にして片足で立ちます
4:軸足でプレートを思い切り蹴って体重移動します
ワインドアップの時は、この4つの順序でプレートを使って投球します。まずは基本に忠実に正しいプレートの使い方を覚えましょう。

 

セットポジション

ランナーがいる時に行う投げ方です。
1:最初から軸足をプレートと平行に置きます
2:軸足でプレートを思い切り蹴って体重移動します
セットポジションの時は、この2つの順序でプレートを使って投球します。

 

プレートの使い方として最大のポイントは「軸足はプレートと平行」にすることです。平行に置いておかないとピッチングジフォームが崩れやすくなり、踏み出す足が、ホームに対して真っ直ぐ踏み出せない場合があります。コントローツを安定させるためにも、正しいプレートの使い方を覚えると良いでしょう。

また「プレートをしっかり蹴って」体重をホーム方向へしっかり乗せて体重移動することも重要です。ピッチング練習する際には、なかなか軸足でプレートを蹴る意識は弱いと思いますので、ぜひプレートをしっかりと蹴る意識を持ってピッチング練習するのも良いでしょう。

では動画を見て村中投手から学びましょう。

 


 

 

動画引用元:スワローズKA  村中恭兵 プレートの使い方