投球練習 アウトコースへのコントロールを磨いて打ち取る

ピッチャーというのは、困った時にどうしのぐかですから。例えば0-2とか1-3とかっていう四球を出せない、打たれたくないっていう苦しいボールカウントの時に、僕は「原点能力」と言っているんですけど、外角低めでカウントが取れるようになった。これが一番ですよ。万人の打者に通用するわけですから。本人が意識しているかどうかは知りませんけど、「困ったら原点だ」というのを口やかましく言ってきましたから。

引用元:テリー伊藤対談「野村克也」(1)マー君の投球内容は大したことない

 

これは野村克也さんが対談でおっしゃった言葉です。野村監督が出るテレビはよく見るんですが、その度に「困ったときはアウトロー」「外角のコントロールが投手の生命線」という言葉をよく耳にします。筆者もリードをする際は、アウトローのストレートを中心に組み立てることが多いです。動画でも言ってますが、アウトローは長打が出にくいコースで最も安全なことは間違いですからね。

なので、アウトコースのコントロール、特にアウトローへのコントロールは非常に重要です。そして、もっと捕手目線からの要求を言うと、アウトローはストライクだけではなく、少しボール球も欲しい場合があります。2ストライクノーボールなど投手有利で追い込んでいる場合は、特にアウトローの少しボール球、が筆者的には理想的です。

動画でも解説してますが、アウトコースへ投げる場合は、ストライクゾーンより少し外れたボール球もコントロール練習すると良いでしょう。一番やってはいけないミスが内側に入ってしまうことです。なのでシュート回転が強い投手は気を付けた方が良いです。シュート分も考慮してコントロールすると良いでしょう。

野村監督の言う「原点能力」、つまりアウトローの球をまずは徹底的に磨いて、高い確率でこのコースが投げれるようになると、凡打で打ち取ることが出来たり、見逃し三振が多くなる可能性が高くなります。

では動画での解説をご覧ください。

 

動画引用元:外角へのコントロールで打者を打ち取るピッチングの秘訣とは