身体の開きを改善 スタンドを使ったティーバッティング

身体の開きを改善する練習は数多くあり、当サイトでもたくさん紹介しましたが、選手によって合う合わないがありますので、ぜひ自分に合った練習法を見つけてください。ですので、まずは「やってみる」が重要になると思います。

今回紹介するのは、スタンドを使ったティーバッティングで身体の開きを改善する方法ですが「打った後に軸足が地面から離れる」というやり方です。
軸足が地面から離れることによって、体重移動がスムーズにできるので、重心が後ろになり過ぎることを防ぎ、左肩が早く回ってしまうことを軽減できます。

筆者が思う、この練習の良いところは、前足です。右打者で言うと左足、左打者で言うと右足になりますが、この踏み込んだ前足に体重が乗りやすくなりながらも開かない意識が出来ることだと思います。

動画で打っている方の左足の膝とつま先に注目いただきたいのですが、全く開いてないですね。体重がうまく前に乗っているにも関わらず。

重要なポイントは、軸足を地面から離れ、前足に体重を乗っけながらも「膝が外に開かない状態」「つま先も外に開かない状態」をしっかりと作ることです。

体重移動、膝、つま先を意識して行うとより良い練習につながると思います。
では動画をご覧ください。