打撃練習 大谷翔平 ネットから離れて強いライナーを打つティーバッティング

ピッチャーとしてもバッターとしても超一流の選手と言えば北海道日本ハムファイターズの「大谷翔平」選手ですね。今回紹介する動画は、大谷選手が試合前に行っているティーバッティングです。

 

練習内容は、通常のティーバッティングよりネットから距離を取り、低く強いライナーを打つバッティング練習になります。大谷選手と言えばアッパースイング気味で弾道の高い打球をどんどん飛ばすイメージがありますが、練習の時は、基本に立ち返り「強いライナー」を打つことを大事にしているようです。やはりどんなスーパープレイヤーでも基本は大事ですね。基本が最高レベルまで出来ているからこそのプロプレイヤーですね。改めて基本の大事さを教えてくれます。

また、この動画を見ていると「膝ぐらいのボール」を打ってます。つまり、低目のボールに対して、低いライナーを打つ意識をしているようです。実際にこのティーバッティングをやってみると分かりますが、低いボールをライナー打つのはとても難しいです。低目なのでボールの上っ面を叩きやすくなりゴロ打球になりやすいですし、また、少しでもタイミングは早く前の方でインパクトしてしまうと打球が上に上がってしまいます。

ジャストミート

しなければ低いライナーの打球にはなりません。大谷選手は簡単にやってますが、こんな簡単に低目をライナーで打ち返すことは、なかなか出来ないと思います。

この練習の良いところは、ネットから距離を取っているので、打球の軌道を自分の目で確かめられる点です。狙ったところに対し、真っ直ぐに綺麗な回転で打てているか、確認しながら練習すると質の高い練習になります。また、的を設けるとベストですが、低い位置(地面から150cm〜170cmあたり)に狙いを定めて、遠い打席から狙ったところに対して「強いライナーで打つ」という意識も重要です。

大谷選手の豪快なバッティングばかり目が行ってしまいますが、特にティーバッティングの時は基本に立ち返し、強く低いライナーを打つこと、強いピッチャーライナーを打つことで、バッティングフォームを固めていると思います。いつでもどこでも豪快に売っている訳では無いですね。

では大谷選手のティーバッティングを参考に実践してみてください。

 


 

 

 

動画引用元:大谷翔平 トスバッティング練習 2017.9.9