落合博満の正面に来るボールを打ち返す練習

最初に言っておきますと、バッティングマシンでこの練習はやらない方が良いです。動画を見ると落合さんはマシンでやってますが、落合さんだから出来る技だと思いますので。

身体の正面に来るボールを打つ練習は、侍ジャパンの多くの選手も実践してまして、既に定番の練習になっていると思います。

ヒッティングポイントが身体の近い位置にも関わらず、しっかりとセンターへ打ち返すためには、

 

・早い段階からレベルスイングを実現できている

・(右打者で言うと)右腕の肘のたたみ方が上手い

・(右打者で言うと)左肩が開いていない

・ホームベース上でMAXのスイングスピードになっている

 

というスキルが求められます。このスキルが磨かれると、身体の近くでも打てるようになる=ボールを長く見ることができる、ことになるので、より打者有利になり、空振りが少なくなり、打率も良くなるでしょう。

初めの段階では、下手投げでのティーバッティングからスタートし、次に上から投げるがゆっくりの球にする、など、少しずつ難易度を上げていき、よりボールを引き付けた状態でもヒットが打てるスキルを目指しましょう。

 

真横からロングボールティーバッティングでタイミング練習

 

ポイントを変えてティーバッティングを行う

 

合わせて上の練習記事も参考になりますので是非ご覧ください。
では動画をご覧ください。

 

動画引用元:落合博満 正面打ちの練習