山なりで投げるキャッチボールはダメ!

ヤクルトスワローズの石川投手と館山投手が、少年野球チームにキャッチボールを教えている動画になります。

これまでキャッチボールについての練習方法をいくつか紹介しましたが、この考えは練習こそが、基本中の基本ではないでしょうか。

 

試合でボールを上に投げるプレーはない

 

と館山投手が言ってますが、その通りですね。
試合中の送球は、低く、早く、ライナー性の送球が要求されますが、キャッチボールの時に、山なりでゆっくりとやっている選手も多いのではないでしょうか。

 

キャッチボールの時から試合を想定し、相手の胸にしっかりと早くて低いボールを放ることを常に意識して取り組む必要があります。

 

しかし、ある程度距離が出ると、届かない距離ももちろんあると思いますが、その時は、この動画でやっている「ワンバウンド」で送球する練習です。
相手の取りやすいボールをワンバウンドで投げてあげます。

キャッチボールは、

 

・相手が捕りやすいボールを投げてあげること

・山なりではなく、低く、早いボールを送球すること

・届かない場合は、ワンバウンドでも良いので上記2つを満たすこと

 

が基本中の基本と言えますね。

では動画をご覧ください。