ミート力アップを徹底強化 竹バットとアイアンサンドボールで打撃練習

2017WBC準決勝の日本vsアメリカ戦において、侍ジャパンの打者が苦戦していたのが2シームの「動くボール」ですね。2シームでもスピードは150km前後出ており、ストレートのタイミングだけどボールが動くので、ほとんどの打者がバットの芯でとらえることができず、凡打の山となってました。

特に木製バットを使用しているからかもしれないですが、バットの芯でボールをとらえないと、ボールは飛ばないし、強い打球を打つことも出来ません。「芯でとらえる」ということは、バッターとしての基本ですし、そしてものすごく難しいということが、あの試合で実感した次第です。

先日紹介した、

より効果的なティーバッティングを アイアンサンドトレーニングボール

 

こちらの練習記事がとても好評でした。
このアイアンサンド(砂鉄)入りのトレーニングボールを使ってティーバッティングすると、バットの芯でしっかりとミートしたらボールは飛びますが、芯でとらえることが出来なかった場合、ボールは前に飛ばず下に落ちてしまいます。バットの芯でとらえる練習としては最適なトレーニングボールです。

 

そして今回は更に難易度を上げます。

このアイアンサンドボールを芯の範囲が狭い竹バットで打つ練習です。ミート力を上げるための練習方法としては、最強タッグかもしれません。

筆者も高校時代に竹バットでよく練習しましたが、ティーバッティングとはいえ、芯でとらえないと手がしびれてしまいますし、ボールもまるで飛ばないです。しかしこの練習のおかげで、非常にミート力が高まったと実感してます。

小学生や中学生の段階から竹バットを使うことは、なかなか無いかもしれないですが、強制的に芯の狭いバットを使う、強制的にバットの芯に当たらないと飛ばないボールを使う、という強制力を働かせることは、重要ではないかと思います。

 

ぜひ、お試しください。

動画引用元:竹バット&サンドボール