打撃練習 ミートポイントがズレても対応できるようになる練習

バッティング練習には“トス”“フリー”“ロングティー”など様々な種類がありますが、今回は“ティーバッティング”に焦点を当てたいと思います。

ティーバッティングはティースタンドを活用して、置いたボールを自分のミートポイントで打つバッティング練習です。

このティーバッティングの良い点として
・自分が打ちたいポイントで繰り返し練習することが出来る
・一人でも練習可能
が挙げられます。

そのティーバッティングの練習でバッターが打つことが出来るポイントを広げる練習のコツがあります。

練習法は
① 普段打っているポイントで打つ(センター方向に向かって)
② ①で立っていた位置よりも前に立ってミートポイントを後ろにして打つ(何球か繰り返す)
③ 立つ位置を再びずらして打つ(何球か繰り返す)
の流れで行います。

この練習は立つ位置を変えることでミートポイントがズレた時にも対応することが出来るようになるという狙いがあります。

バッターには自分が気持ち良く捉えることが出来るポイントがあると思います。しかし相手ピッチャーはいつも同じタイミングで投げてくるわけではないですし、緩い変化球で姿勢を崩されたり、逆に速球に差し込まれたりすることもあります。そんな時に今回の練習のように打つポイントを多く持っておくことで、タイミングを外されても逆方向にヒットにすることが出来たり、ファールで逃げることが出来るようになります。

正しいポイントで捉える練習も大切ですが、この練習のように普段のミートポイントからズレてしまった時の練習もしておくことで幅広く対応出来るようにすることも大切です。特に空振りが多く、逆方向へのファールが少なく、なかなか粘れず三振がどうしても多くなってしまう選手には、とてもオススメの練習です。

動画では元東京ヤクルトスワローズの古田敦也さんが解説してくださっています。参考にしてみてください。

 

 

動画引用元:打てるポイントを広げる!ティーバッティングのコツ

記事筆者:サカキン