下半身を固定しながらリストターンの練習

■課題・要望
・脇が開きやすい
・ヘッドの効いたスイングを得たい

副島孔太さんより練習動画を寄贈いただきましたので紹介します。
副島さん公式ホームページ25Laboも是非ご覧ください。

リストターンという言葉を聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

リストターンとは「肘から下の動き」のことを言います。
リストターンの使い方が上手くなると、ヘッドが効いた(ヘッドの重さを利用した)スイングを実現することが出来ます。

よく「こねる」という言葉を使いますが、要はリストターンの使い方が上手く出来ていないスイングのことを言い、結果、引っ掛けたりして、鈍いゴロを打ってしまいます。

ヒットの確率を高めるためにも、リストターンの使い方がとても重要になります。

副島さんから頂いたリストターン練習のポイントは以下になります。

 

1:下半身の内転筋(足の内側)を強く意識すること

2:下半身は固定して動かさないこと

3:振り終わりの時は、腕と腕の間に三角形作ること

4:バットを戻す時は顔の前を手が通ること

5:打ちに行く時も顔の近くを通ること

 

の5つがポイントとなります。
特に筆者が響いたポイントは、3の「振り終わりの時は、腕と腕の間に三角形作ること」です。
バットを持たなくてもよいので、その場で少しやって頂きたいのですが、確かに、降り終わりの時に、腕と腕の間が三角形になることを意識すると、自然とリストが効いたスイングになります。
「三角形、三角形」とつぶやきながらスイングすると、リストが効いて、ヘッドが乗るイメージになります。

ぜひ、動画を見て、リストターンの練習をやってください。

 

 

こちらの動画は、副島さんが監督されているBBCスカイホークスでの練習の動画になります。
活動報告などご覧になりたい方はコチラから。

最後に。
副島さんはマンツーマンでの指導を行ってます!
現在、冬休みを利用したスペシャルLessonの予約受付中です。レッスン費用もお得になってます。
もし、近い方がいらっしゃいましたら、ぜひ副島さんからの直接ご指導を受けてみてはいかがですか!?
スペシャルLessonの予約確認はコチラから