野球選手にも効果的 俊敏性がアップするラダートレーニング

どんなスポーツにも共通してますが、俊敏性は野球にも必要です。このラダートレーニングをやっていると、守備や走塁の際、急な方向転換な細かい動きをやった時に、身体のバランスが崩れにくくなると言われてます。

今回紹介するラダートレーニングは、

ストレートジャンプ
開閉ジャンプ
ジャンプカット
スラローム
2フロント・1バック
スキップラン
ラテラルスキップラン
ケン・ケン・パ
クイックラン(2イン)
クイックラン(1イン)
ラテラルクイックラン
クロスカントリー

と、ラダートレーニングとしては初級に値するトレーニングですが、まずはこのトレーニングを確実にできることが重要です。

このラダートレーニングをやるタイミングとしては、身体の動きを起こすためにも、アップのタイミングでやると良いと思います。練習前、試合前が最適かと思います。

もし出来ない選手がいたら、まずはスピードは置いといて、ゆっくりと一歩一歩確かめながら行うことからスタートしてください。そして出来る限りストップウォッチでタイムを計り、定量的に伸びていることを実感してもらうことも重要です。速くなると楽しくなる練習になるので、是非取り入れてみてください。

 

 

過去にもラダートレーニングの練習記事は紹介しており、

ラダートレーニングと内野ゴロの捕球を組み合わせた練習

 

ラダートレーニングで俊敏性をアップさせる練習

 

こちらも合わせてご覧ください。
では、動画を見て、是非実施してみてください。

動画引用元:ラダートレーニング≪初級編≫