ロングティーバッティングでボールを遠くに飛ばす練習

ボールを遠くに飛ばす練習としてロングティーは本当に役立つ練習だと思います。筆者も高校時代にロングティーはとにかく行い、いかにボールが遠く飛ぶためには、ということを常に考えていました。

動画で実際に打っていた方がおっしゃっているロングティーにおいて基本的なことについて、筆者も同意と思うことを記載します。

 

まずは「身体の近くでバットが回転するようにスイングすること」です。ボールを遠くに飛ばそうとすると、いわゆる大振り=ドアスイングになりがちです。身体からバットが離れると力が伝わないのでボールは飛ばないですし、フォームを崩してしまう場合もあります。これは要注意です。

次は「(右打者であれば)右足の膝が開かないようにすること」です。筆者の場合は、右足の親指を強く意識して、親指を軸として回転運動を始めることを常にやってました。ボールを遠くに飛ばす原動力は下半身の強さですし、下半身のネジる力だと思ってます。なので、右足の回転で打つ、ということは常に意識してました。

最後に「バックスピン」です。筆者はこれがとても下手で、逆にラインドライブがかかるタイプで、レフトオーバーかな、と思ってもレフトにキャッチされてしまうことが結構ありました。ロングティーは打球の軌道がよく観察できます。なので、ボールの回転がしっかりバックスピンしているか確認しながら練習すると良いでしょう。

まとめると、右足始動で強く回転運動(ネジり)が出来ているか意識し、バットは身体の近くを通り強くインパクトして、ボールの下を叩きバックスピンをかける、というイメージになります。

ぜひ動画を参考にして実践してみてください。

動画引用元:【ホームラン連発】大学生スラッガーによるロングティー&解説