力が入り過ぎる投球フォームを改善したい場合は左手が重要

■課題・要望
・力が入り過ぎる投球フォームを改善したい

野球の動画で人気の「qooninTV」から、左手の使い方を変えたら、球速アップやリリースが良くなった動画を紹介します。昨日投稿しました「グローブの使い方でコントロールをもっと良くする方法」と合わせて実行すると、より良くなるかもしれません。
尚、右投げの方は左手の使い方、左投げの方は右手の使い方になりますので、間違えないように。

投球フォームをより良くするために、「胸の張りをどうやったら出せるのか」「出来るだけ肘を上にあげる」「体を少し斜めにする」など、色々と試行錯誤したものの、これまで染み付いた投球フォームを変えるのは、かなり難しいようです。

しかし、投球フォームそのものをいじるのではなく「脱力して投げる」ということをやってみたところ、球がいい感じに伸びたようです。もちろん、全てにおいて脱力するのではなく、リリースする瞬間だけ指先に力を入れることがポイントです。そしてもう一つ重要はポイントが左手の使い方。
左手を前に出してこれから胸元へ左手を引く瞬間に、

左手を握り拳を作るイメージで力入れる

と、リリースポイントが良くなり、球筋が良くなったようです。
今までは投げる方(右手)ばかり気にしていたので、意識が強いあまり右手に力が入り過ぎていたためリリースが甘くなっていたが、左手に一度力を入れることで、右手に脱力が生まれる、というロジックです。

・脱力して投げること
・胸元へ左手を引く瞬間に力を入れる
・リリースの瞬間は指先に力を入れる

の3つのポイントを意識して、投球練習すると球速アップや良いリリースにつながるので、是非、やってみてください。