内野手の正しい構えを学ぼう

バッティングにおいて「構え」一つでその後のスイングに大きくしますよね。これは守備の「構え」も同じで、構えが変わると、最初に一歩、捕球の確実性などに大きく影響します。今回は、内野手の正しい構えを学びます。

動画で仁志さんもおっしゃってますが、まずは

 

膝に手を置いて動かないこと

 

を徹底しましょう。
どうしても気が緩んだり、集中していない時は、手を膝に置いて、じーっと動かない状態になりますが、これは絶対にダメです。

 

次にセカンドとショートについてですが、セカンドとショートのポジションは守備範囲が広く、前後左右に常に動ける状態にしておかないといけません。なので、構えも「静→動」ではなく、常に身体が動いており、いつでも動ける状態にするためにも「動→動」の構えが良いでしょう。
ピッチャーが投球モーションに入ってバッターがスイングし始めるまでは、小さく小刻みに足などを動かし、インパクトの瞬間に微妙に止まって、とにかくインパクトに集中する構えが良いでしょう。

ファーストとサードについては、強い打球が来やすいので、ある程度、形を決めて構えると良いでしょう。
筆者もサードとファーストの経験がありますが、このポジションは思っている以上にバッターとの距離に近く、強い打球が来そうな雰囲気がかなりありますので、どちらかの足を少し後ろに下げて、意識では、身体(特に胸)にボールを当てて前に落とす、というイメージを持って構えてました。なので、どっしりした構えになるイメージがあります。

このように、ポジションによって、飛んでくる打球のイメージが違うので、構えも変わりますが、共通しているのが、

 

インパクトに集中する!!!

 

です。
インパクトに集中していないと、必ず一歩目が遅れ、捕れる打球も捕れないですし、特にサード、ファーストはケガの元にもなります。必ずインパクトは集中しましょう。

では詳しくは動画をご覧ください。